• 古町隊

まる義 ~ 庶民の酒の友焼き鳥を割烹料理の如き体裁で食するおしゃれ感たっぷりのお店

古町案内所の裏手、ロッツウエストの脇通り抜けるとそこがココという立地条件です。かつて古田というやはり焼き鳥さんでした。雰囲気ある店構えでいつか立ち寄ろうと思ってましたが、ついぞその時は行かずじまい。ただ、その後お店をそのまま、焼鳥屋としての業態も何もかも引き継いで再スタートしたとの由。今度行ってみてくださいよ、と案内所にパネルも貼ってある。ならば行くかなとなった次第です。当日は事前予約しました。

客寄せの誇張した看板など排したシックな入口、まずもって好感もてます。入ってちょいと脇から奥へ、ぱぁっとカウンターが伸びて、広がる視界の正面にアクアマリンというの?水槽に多彩な水性植物が植えられていて見ていると癒しが感じられる。いいなぁ。インテリアでまず客を魅せる。古田さんのこだわり、センスの良さ、名残りを感じて。お会いしたかったです。

こういった垢抜けた店を引き継いだのはなかなかお得なのでは。銀行から借りて普請したらそれなりにかかるだろうから。開店に至る資金はどれほどかかったかな。借りなくてもいいかな。そのまんまだし。賃料やら食材費、人件費など密かに私は算段してしまう。ここどうなんだ、収益物件。舐めるように店内を見ながらです。ほんと嫌らしいとこありますが、そういう風に日頃心掛けてないと商いできないんですよ。金融屋はね。

カウンター座って、ビール頼んで、さて何すっかな。メニュー見て目についたのがお任せ串盛6本890円、まず頼みました。テーブルには黒い皿セットされている。丸い。その縁は削りが荒く、その風合いが味ある。素材はなんだろ、陶器のようで石のようにもみえる。かつてこちらではコースメニューしかなかったが、今では一本から頼めることになっている。

お通しね。釉薬の流れが天目っぽいというか、おしゃれな皿。この器にも妙味を感じました。

右から、シイタケ、鶏もも、ズッキーニの豚バラ巻、エリンギの豚バラ巻、つくね、

右からキャベツ、皮。キャベツはサービスです。ブログ紹介って話したら。

カウンターの上に四角皿、盛り合わせが置かれ、そこから下の丸皿に取り置きして食べる体裁。知らない人はその丸皿にコップ置いたりする。ホールは女性スタッフ二人、そのうちの一人が私に教えてくれ、その辺の面白い話を聴かせてくれた。私のことをちょいと弄ったり、洒脱な素養がある。よろし。割と話し上手で客あしらいもなかなか。俗に言ういい女といった風です。もう一人はアイルランドに留学した経験がある方でその時の話を聴かせてくれた。かの地はギネスビールが有名、またウイスキーもジェムソンとかあるが、スコットランドの陰に隠れて印象薄い。

――人見りなんですよね、新潟県の人に似ているというか。アイルランド人。慎重で結婚するまで時間かかるんですよ。

私はまじまじ聴いた。ネットやらで国際化久しい今日だが、生身の人間が見聞してきたことに勝ることはなし。見た感じ聡明そうな顔つきでこちらもなかなかの器量よし。ただ、彼女はもう少しで辞めると言っていましたがね。残念。もう少しアイルランドの事を聴いてみたかったです。

そんななんやかやで、焼き鳥食べるより話に夢中になってしまって。開店当初は私独りだった店内もいつも間にかお客さんで一杯。カウンター席の後ろには何卓かテーブル席がある。それぞれ仕切りというかカーテンが布かれ、プライベート感を損なわず飲食できるのはいいですね。カップルのお客さんが多かったようですし、またそういった使い方には最適なお店だと思います。

さて、ホールの女性を紹介したからには厨房、奥向きの人も紹介しないとね。左側がtakaさん、初めは控えめというか知らぬふりだが一言、二言、私が声がけしてやりとりしているうちに親を感じてくれるというか、段々打ち解けてくれた感じ。人見りがあって、最初はそっけないが実は親切で人情深い。新潟の県民性でよく言われますね。私もそうでした。 takaさんもまさにそんな感じ。

そして、隣はわたべさん、親はとん八をやっている。その経営はひとまず親に任せて、こちらで頑張っておられます。白山店は私も良く行きました。こちらは老朽化により閉店しましたが、駅前店は健在。業歴十分の手堅いお店です。豚串は私好きですね。わたべさんは穏和で話しててなごみますね。この二人で焼き場を切り盛りしています。

こちらは人気店の様で予約をしていった方が良いかもしれません。また、おススメは早い時間でしょうか。空いている時間帯でゆったりとおしゃれな空間を享受し、飲食する方がこちらのお店を良さを感じるのでは。あと店の人との会話も楽しめますし。御参考までに。では、今日はこの辺で。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

※誹謗中傷や公序良俗に反するコメントは削除させていただきます。