• 古町隊

わたあめ ~ 若々しい女性達で営む会席料理店・BAR 

DSC_0691

平成30年8月11日更新。久々に行ったら、はりま屋さんの御主人が居てびっくり。先だって前触れなくお店を閉められたのを知って心配していました。古町で板前兄弟二人でやっていて、かれこれ半世紀近くにもなっていたのかな。イベントぶらり酒の発起人とのことだったらしく、お店がなくなった時は古町の飲み屋街ではちよっとした話題になりました。その老舗中の老舗だったお店のご主人が……こちらで板場を務めておりましてと、いろいろ話を聴きました。それで私は事情は事情でも、贔屓筋も結構いらっしゃっただろうし、心配している向きもあると思いますよ。今なお。黙って閉めてしまうのはあんまりではと今回写真を撮らせていただいて、ブログにあげさせていただくこと了解いただきました。一番下です。はりま屋さんに行かれていた人で心配している方がいらっしゃったら、どうぞこちらにいらしてみてください。コースがメインの店で、はりま屋さんとはまた違った雰囲気ですが、電話してみてください。予算に応じて段取りしてくれると思いますよ。妙齢な女性店主も健在であります。綺麗な女性。それこそ、はりま屋さんの時とはまた違った感じで話に会話に華が咲くと思います。

DSC_0050

今回のコースはどちらかという酒の肴の色合いが強かったかな。量的にもう少しほしい気がしました。まだ、食い気十分なものでして。( ´艸`)

DSC_0051

少しずつ、多彩に。枝豆もでましたが写真忘れました。

DSC_0052

牛のたたき、器もいいですね。

DSC_0053

ご飯はトウモロコシの炊き込み。私的にはハマグリの椀物とともに一番よかったかな。

DSC_0054

いい笑顔ですね。人柄がででる。先だって古町の街なかでお会いました。また行きますね。

DSC_0055

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

7月ごろの事です。ここは古町アーケード街も終わる古町9番町あたり。散策がてら歩いてきてふと入った脇道で見つけました。入口にはコースのみ。9時以降はbarとして営業中と記されている。どことなく隠れ処的な店構えに趣を感じて後日電話予約しました。コース6千円です。

当日はショートボブの髪が麗しい細身の女性が迎えてくれまして、その女性が御店主でした。お聞きしたところ、6月に開店したばかりとのことで、スタッフは厨房・ホールともに全員女性との由。店内は白を基調とし明るめで清潔感に富む。カウンター越しに御店主やホールの女性スタッフとの語らいを楽しみながら、一品、一品順繰りに料理をいただいていく格好です。

出される料理は和食や洋食というジャンル分けからするとちょっと違うような気がします。どちらかというとジャンルにとらわれない、創作的な風――良く吟味された食材を女性らしいみずみずしい感性と繊細さをもっておいしさに昇華させている。丁寧な仕事ぶりがうかがえます。男の板前さんではだせない味のように私には感じるのだけど……量より質、併せて上質な雰囲気も味わいたい向きにはお薦め

アラカルトメニューではなくコースのみというお店の有様にも料理に対するこだわりを感じ私は好感を持ちました。6千円からになりますが、妙齢の女性との会話を楽しみながらですから、クラブに行くと思えばそれほど高くはないのでは。barタイムにもお邪魔しました。したたかに酔った後だったのであまり飲めませんでしたが、こちらはお酒がショット売り、チャーム付きで3,500円ぐいだったかな。お試しでbarタイムに行くというのもありだと思います。古町 わたあめ、でネット検索したらでてきました。barタイムの雰囲気ですね。御店主もでてます。実物の方が素敵ですが……

住所  新潟市中央区古町通9番町1474-2 ドラゴンビル1階
電話  025-374-0071

定休日 日曜日 祝日
時間  18:00 ~ 24:00

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

“わたあめ ~ 若々しい女性達で営む会席料理店・BAR ” への2件の返信

  1. りょう より:

    このお店、うわさで聞いたことがあります(;^_^A
    写真が見てみたいですねー!

    1. バク より:

      りょうさん、こんばんわ。写真はとってこようかと思います。別サイト酒屋さんのサイトでも載っている。雰囲気わかりますよ、ママさんの。
      barタイム私はお客さんいないとき見計らっていきました。まだ知られていないので混まないのがいい。

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

※誹謗中傷や公序良俗に反するコメントは削除させていただきます。