• 古町隊

cafe&bar Soup ~ カクテルとスープと、女性バーテンダー

DSC_0677

平成30年8月17日更新 お盆過ぎると夏も段々陰る……ていうか、昨日といい、今日といい、陰るどころか、夏が跡形もなくなってしまっている感じですね。いきなり秋へ、それも涼しいというより半袖では寒いぐらいの気候になっています。日が少しずつ短くなるのが、夏の終わり、秋の入り口、どうも私は今時分感傷的になってしまう。さて、先だって、こちらへ行ってきました。早めの、混まない時分に。まずはモヒートを一杯。ラム酒にソーダ水、ライム、ミント、クラッシュした氷を合わせた今では大人のかき氷さながら夏の飲物として有名になりましたね。文豪ヘミングウェイが愛したことで有名ですが、彼のお好みはソーダ水を入れず。ラム酒のみ、付け合わせのライム、ミントで十分。後はいらない。氷も何もかもかみ砕くさながら豪快に呑んだと伝わっております。皆さんもたまにはそれで呑んでみてはいかかでしょう。ラム酒はやはりバカルディゴ―ルド、カルタオロ(熟成酒)がよろしいかと。

DSC_0096

その日のチャームはくじら汁が出ました。間違えるとギトギト感がでてしまうものですが、こちらのママならぬ女性バーテンダーさんは料理もなかなかの腕前です。澄んだお吸い物で美味しい。開店してから折に触れて寄らせていただいてますが、チャームに必ず出してくれる椀物、soup(スープ)はいつも美味しくいただいてます。

「それでさ、言おう言おうと思ったんだけとサ」と、私。

「なんでしょう」

「soup(ソープ)  って言うの、て人来たりしない?場所柄……」

「ええ、いらっしゃいますよー」、と彼女。笑って。

「やっぱりなー」、私も笑う。思いつくよなぁ、このシャレ。立地条件からして。

こじんまりとした店内でお互い顔見合わせながら笑って、お酒を楽しんだり。( ´艸`)

女性バーテンダーはホテルにはいらっしゃいますが、店を営んでいるというのは新潟ではここだけかな。私的にはsoup(ソープ)ならぬsoup(スープ)に妙味を覚えています。今では料理も増えている。呑みと共に食事もしたい、雰囲気とともに。そういう方がいらしたら、行ってみてださい。是非に。外れはないと思います。カクテルとともに。それとこちらではいい雰囲気の音楽が流れている時がありますよ。洋楽。様々、ジャンル込みこみの洋楽が流れていたら、私が差し上げたものです。先日、アレサフランクリンが亡くなりましたが、あの辺から垢抜けたジャズまで飽きない編成で組んでます。実はこちらで流れているのを聴いて、自分自身が沁みてしまう時があります。家で聴くよりこういった環境で聴く音楽の方が効果的なんですね。これ聴いて他のお客さん達が気分良くなってくれたらいいなぁ、と私は密やかに思ったりもします。

DSC_0098

私的には早い時間か、遅い時間か、狙って行ってみた方が良いと思います。barは空いている時分が望ましい。バーテンダーさんがお客さんに集中するから。いい引き出しでお酒を造ってくれる。味も変わってきます。バーテンダーさんのブレンドの妙は一期一会。美味しいお酒が飲みたいなら環境から。私の持論です。まぁ、こちらは敷居の高くない、気さくな、それで居て雰囲気のいいお店ですのでね。難しく考えず、どうぞ興味のある方は行ってみてください。では、今日はこの辺で。

ー―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新潟では珍しい女性バーテンダーさんが営むカクテルバーです。古町アーケード街旧山下家具あたりから昭和新道へ抜ける脇道に入ったところにある。ある程度の年齢の人ならかつての松竹映画館あたりといった方がいいかな。棟の一階で「soup」と看板にあります。二階にも同業種の方が営業中ですのでお間違いのないように。二階のお店もいずれ入ってみようかと私は思っています。

それはさておき、お店に入るとU字型のカウンターが広がり、女性バーテンダーさんが優しいまなざしで迎えてくれます。白を基調にした垢抜けた空間、都会的センスにあふれたスタイリッシュな店舗デザインはいかにも女性受けしそうな感じです。高椅子に座り、お酒をオーダーします。ショットでお酒そのものを楽しむのもいいですが、こちらではやはり割物、カクテルを頼むのがよろしいかと。

定番カクテルはもとより、口当たり甘い、辛い、酒度は強め、弱め、ざっくりとしたイメージだけ伝えて後はお任せでも大丈夫。プロなのでバーテンダーさんがそれを形にというか、味を具現化します。呑みやすく、四季折々、次節に応じたフルーツを交えた創作カクテルをちょいちょい作ってくれるので、率直におすすめのカクテルはありますか、と話を投げかけてみてもいいと思う。

こちらの女性バーテンダーさんは本当に穏やかで気さくな方。口調が柔らかいし、話しやすい。お酒のことも聴けばいろいろと教えてくれる。親切です。カクテル頼んでみて、呑んでみて、よかったら、その感想をバーテンダーさんに伝えてみましょう。女性バーテンターさんは何かしら返してくれると思いますよ。話好きだから。プロならではお酒の話、聴いていると博識になった気分になり楽しいものです。どんどん聴いてみましょう。そうしているうちにここのお店の良さがわかると思います。

かしこまらず、堅くならず、気楽に、ゆったりとした心地よさ、リラックスした気分のなかでカクテルを味わってほしいをこちらのお店はコンセプトにしている。だからBar初心者の方が行かれると多分気に入ってくれるのではないかと私は思っている次第です。

チャームには必ずスープが付きます。店名もここからだと思います。スープの種類は多彩です。ポタージュ、ビーフ、コンソメほかにもアレンジ効いたスープが日によって出してくれます。いずれもおいしい。この種のお店はではどちらかというとナッツとかカワキ物が多いような気がするのですが、手作りがいいですね。料金の目安はチャーム付きのカクテル2杯で3千円ちょっと切れるくらいかな。日曜日も営業しているようです。こちらはフェイスブックあります。そこで休みの有無確認できます。かわいい猫ちゃんの写真が載ってますので、そちらの方もよかったらご覧になってみてください。

住所 新潟県新潟市中央区古町通5-598-1
TEL 025-378-1300
営業時間 18時~深1時LO
定休日 不定休
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

※誹謗中傷や公序良俗に反するコメントは削除させていただきます。